NEWSQOLニュース

2021/11/05 開発

おでん容器や汁物惣菜の容器として如何でしょうか?(耐熱容器 その2)

 

 

コロナの影響で大好きなおでんを買う機会が減ってしまった。コロナ憎し!!

 

 

 

 

レジ近くで販売していたものを、よくついでに買っていました。コロナのせいでご無沙汰です。

しかし、最近チルドのカップおでんで復活!!

しかもどれも美味しい!

 

 

 

 

しかし………

 

 

どのおでんも美味しい!・・・・でも、おでんって持って食べる事が多いから・・・・

 

 

 

 

 

惣菜はテーブルに置いて食べる事が多く、電子レンジから取り出す際熱いけどその時だけ我慢!

汁物は持ったり、汁をすすったりするので常時熱い!

という事で容器で解決してはどうかという観点で開発を行っています。

 

 

 

 

 

担当からもらった資料。う~ん?わかりづらい。簡単に説明して~

 

 

 

 

ということで、前回に続きまた出てきた「発泡エコなトレー」。

冷凍パスタでレンチン実験(600Wで4分50秒)したところPP容器は底面の厚さが98℃まで上昇。

発泡エコなトレ―は72℃と26℃も低く、容器側が熱くなりにくい事が分かりました!

 

 

おでんや汁物系惣菜(豚汁など)に特に効果発揮しそうとのこと。またお酒が進みそうです(笑)

 

 

 

 

容器サンプルもございますので、お気軽にご連絡ください!

 

 

 

 

 

 

 

【商品データ】
耐熱PSP容器
耐熱温度:容器に150℃油120gを入れて30秒経過でも形状を維持、かつ手に持てる事を確認
樹脂使用量:PPフィラートレー(8g)と比較し約40%の樹脂量削減(発泡エコなトレーは4g)
CO2排出量:PPフィラートレー(27.9g/個)に対し、12.9g/個で約53.8%の削減
バリア値:ノンバリアPPシート101.0cc/㎡/dayに対して、当該シートは0.6cc/㎡/day
基本シート構成:外装側より 耐熱PSP/バリアフィルム(熱ラミ層/EVOH/PP)
サイズ:4種類(上述の写真参照)

 

 

 

 

耐熱PSPバリア容器「発泡エコなトレー」のお問い合わせについて

 QOL事業部第一グループ

 03-5202-7165

 担当:湯浅

バイオマス素材、環境配慮材等とラミネートする事も可能です。

お気軽にお問い合わせください。

 

ご相談・ご質問等、ございましたらお気軽にお問合せください。

お問合せ