営業部門(兼開発担当)

大阪営業部 化学品課

土屋 勇輝

名城大学大学院 農学研究科 2013年入社

一覧へ戻る
  • ズバリ!どうして北村に?

    北村化学産業へ入社を決めた理由を教えてください

    大学院で生物、化学分野を専門にしていたのですが、自分の世界がどんどん小さくなっていると感じていたんです。もっと自分の世界を広げたい、知らない業種や価値観を知りたいという気持ちは強くありました。 北村化学産業は分野のマッチングもありますし、営業と研究、両方できる点が面白かったですね。なにより私、人と話すことが好きなんです。だから一度は営業職をやってみたいと思っていたんですよ。お客様との会話をきっかけに、まったく新しい発想や気づきを得られることも多く、とても刺激的ですよ。自分の世界が広がったように思います。

  • 北村化学は女性にやさしい?

    現在はどのような業務を行っているのでしょうか?

    溶剤・樹脂・可塑剤といった化学品の販売営業、ならびに研究開発業務を担当しています。お客様の元に営業として伺い、ご要望に応じて原材料のカスタマイズや新規開発、データ検証なども行うイメージです。そのほか、公の研究機関や可塑剤メーカーさんと一緒に、ポリ乳酸(PLA)といわれる植物由来のプラスチックの共同開発事業も行っています。

  • 今までで一番高かった壁は?どうやって乗り越えた?

    日々の業務の中でのやりがいは何でしょうか?

    「土屋さん面白いね」「土屋さんだから買うよ」とお客様に仰っていただけた時ですね。いかにお客様に面白がってもらえるか、これが私の中で仕事を進める時に大事にしていることです。 商社の営業マンは、最後は人間味が大切なんですよ。取り扱う商材の豊富さ、価格など、お客様によって求める要素は異なりますが、人対人のやり取りであることは変わりません。いかにお互いの壁を飛び越えることができるのかが、全てだと思います。

  • 商社の魅力・北村化学の魅力を教えて

    学生の皆さんへメッセージ

    北村化学産業が目指す方向性の1つに、「事業企画会社」への変革、すなわち新しいモノづくりや市場づくりができる会社組織になることが挙げられています。今私が行っているような新材料や製品の開発・研究業務は、その柱となるプロジェクトのひとつでもあります。実績としてはまだこれからではありますが、それゆえに可能性は無限大に広がっています。過去に取り組んできた研究を進めることも、新たなフィールドで研究を進めることも自由です。ラボではなく、商社であるからこそできる研究もあると、私は確信しています。 またお客様へのヒアリングから開発、運用まで、一貫して携わることができることができる点も、一般的な技術職にはない魅力ではないでしょうか。自分の作り上げたものがどのように役立っているのか、直接見聞きできるということは、大きな達成感に繋がります。必要なのは、真面目さ、誠実さ、そしてちょっぴりのユーモアです。皆さんにお会いできることを心待ちにしております。

パーソナル

  • マイブーム

    マイブーム

  • 休日の過ごし方

    休日の過ごし方

一覧へ戻る