営業部門

東京化成品部 化成品課

田村 俊和

明治大学 政治経済学部 2012年入社

一覧へ戻る
  • ズバリ!どうして北村に?

    北村化学産業へ入社を決めた理由を教えてください

    東日本大震災が一つの大きなきっかけでしたね。それ以前までは、金融関係の仕事をしようかなと考えていました。もともと政治学専攻でしたし、周りの友人たちも金融関係を目指す人が多かった。大きなお金を動かすのもカッコイイなって、憧れる気持ちもありました(笑い)。 ですがあの地震が起きて、当たり前だった生活が当たり前でなくなった時に、もっと人の役に立ちたい、生活に役立つ物を届けたいと思いました。お金でお金を売買するのではなくて、手にとることができるモノに携わりたいと。北村化学産業への入社を決めたのも、そうした気持ちの変化からです。

  • 北村化学は女性にやさしい?

    政治学専攻とのことですが、化学への興味があったのでしょうか?

    いえいえ、どちらかといえば自分とは縁遠いものだと思っていました。ですが説明会で話を聞いているうちに、化学は私たちの生活全てに繋がっているのだと感じましたね。たとえば今手に持っているペットボトルや包装紙も、すべて化学の力でできています。これらを今すぐ自分が開発するのは難しいけども、より良い製品をつくるためのサポートならできるぞと、自分の方向性が見えたんです。 でも、一番は「北村化学産業なら、なにか面白いことができそう」という気持ちでしたね。原料から製品まで取り扱う商材や事業内容が幅広いので、様々な分野に関わることができると思いましたし、「それが本当にお客様のためになるのであれば、まずやってみなさい」と、挑戦をよしとする文化も魅力的でした。もともと専門外である自分だからこそ、何か新しいものづくりができるのではないかと、ワクワクしたことを覚えています。

  • 今までで一番高かった壁は?どうやって乗り越えた?

    今取り組んでいる業務内容について教えてください

    化学製品・素材をつくるメーカーさんへ、原材料の販売を担当しています。個人的には、交渉力や情報収集力がとくに要求される部署だと感じていますね。完成した製品と違い、原材料の種類は限定されていますし、国際間取引も容易になった現在、原材料を直接メーカーさんが仕入れることも決して難しくはありません。 だからこそ、価格交渉の面や新素材のご提案などで、いかにメーカーさんのご期待に応えるかが重要になりますし、そこが腕の見せ所でもありますね。誰にでもできることをするのでは、やっぱり面白くない。自分一人では到底できないような、大きな交渉が決定した時の達成感は、格別ですよ。

  • 商社の魅力・北村化学の魅力を教えて

    学生の皆さんへメッセージ

    これは上司からの受け売りでもあるんですが、やっぱり若い時ほど思い切って挑戦することが大切なんだと思います。まさに今、私も新しいテーマに取り組んでいるところなのですが、全てが順風満帆とはいきません。ですが目の前のことを一つずつクリアしていけば、必ず乗り越えていけるものですよ。 できれば自分自身を制限せずに、「面白そうだな」「やってみたいな」と思うことに取り組んでもらいたいです。

パーソナル

  • 休日の過ごし方

    休日の過ごし方

  • 最近買ったもの

    マイブーム

一覧へ戻る