営業部門

東京樹脂製品部 合成樹脂課

佐藤 美乃理

大東文化大学 経営学部 2014年入社

一覧へ戻る
  • ズバリ!どうして北村に?

    今取り組んでいる業務内容について教えてください

    合成樹脂課では、プラスチック製品を作る前の原料を扱います。プラスチック製品と一言で言っても、雑貨類から自動車までその種類は様々。要求される特性も、全て異なっています。その製品に最適な原料を選定し、お客様へ届けることが主な業務です。そのため原料についての知識は必要ですね。私自身は文系大学出身ですので、お客様にお伺いしたり、社内外のセミナーや勉強会に参加するなどして1から覚えていきました。 私が現在担当しているのは、主に建材、文具関係のお客様です。既存製品の原料を卸すのが中心でしたが、最近では新しい原料の提案を行うことも増えてきました。新製品の開発に関わるなど、ものづくりの現場に携わる時に、喜びを感じます。

  • 北村化学は女性にやさしい?

    お客様とは、どのようなやり取りがありますか?

    最近ですと、文具関係のお客様から「ペンを使用する際、軸から異音がなる」というものがありましたね。調査した結果、複数のパーツ結合部分に同じ樹脂素材を使っていることが原因だと分かったのですが、素材一つの影響でこれほど大きな音が出るので、ここまで影響がでるのかと驚きました。またスマートフォンなどのタッチペンも、先端部分に使用する素材や構造によって感度や使いやすさがガラリと変わります。入社前まではどれも同じプラスチックだったのが、こんなにも違っていたのかと、未だに日々驚かされるばかりです。身近な商品の見方がずいぶん変わりました(笑)。

  • 今までで一番高かった壁は?どうやって乗り越えた?

    北村化学産業には、どんな人が向いていると思いますか?

    変化を好み、新しいことに取り組むバイタリティがある人ですね。北村化学産業は歴史ある会社ですし、確固たる事業基盤もあります。先輩方が築いてきたお客様との信頼関係をより強固なものとしなくてはなりません。ですが同時に、過去の功績に甘えることなく、常に新たな挑戦をしなくてはいけないという意識を感じます。 化学品の世界は日々進歩を続けています。今ベストな原料であっても、3年後、5年後もそうであるとは限りません。「商社マンとして生き残るためには、引き出しの多さが大事だよ」とある先輩に言われたのですが、私自身本当にその通りだと思います。化学専門商社であるにも関わらず文系出身者が多かったり、業界ではまだ少ない女性のニーズが高いのも、そうした引き出しを増やしたいという考え方の表れだと思います。

  • 商社の魅力・北村化学の魅力を教えて

    学生の皆さんへメッセージ

    私はずっと美容やコスメ業界に憧れがあって、就職もそちらでと決めていました。ですが就職活動を初めてみるとどうしても馴染むことができなくて……。そこで一度、自分自身を見直そう、今まで知らなかった業界にも参加しようと思い直したんですね。北村化学産業の説明会に参加したのもその時期でしたが、「ここなら自分にあいそう」と直観的に感じました。面接の時も、不思議と自然体でいることができましたし、人事の方も私そのものを見て、受け入れてくださったのが嬉しかったです。 就職活動の中では、思い通りにいかずに悩むこともあるかと思います。ですが、自分自身を振り返るチャンスでもあります。ぜひ自分なりの道を見つけてください。

パーソナル

  • 休日の過ごし方

    最近買ったもの

  • 最近買ったもの

    マイブーム

一覧へ戻る