営業部門

名古屋化学品課 化学品課

中澤 優太

明治大学 法学部 2014年入社

一覧へ戻る
  • ズバリ!どうして北村に?

    今取り組んでいる業務内容について教えてください

    自動車工場が多いという場所柄もあって、名古屋営業部では、自動車部品メーカーへの原材料販売が多いです。北村化学産業は溶剤や可塑剤といわれる添加物、接着剤やシリコーンなどの販売を昔から得意としていますし、また最近では新たな取り組みとしてゴム薬剤の提案なども積極的に行っています。 そしてもう一つ、私が担当しているのが、各自治体で行われている指定ごみ袋の入札です。予算出しから入札への参加、実際に落札できた場合には工場への生産指示、そして納品までを全て一括して担当します。

  • 北村化学は女性にやさしい?

    ズバリ、日々の業務の中でのやりがいや、面白さとは?

    私の提案がきっかけとなって、お客様の業務効率改善や売り上げに貢献できたことです! 私は文系出身ですから、まずは見て覚えようと思い、工場にお邪魔して製品をつくる工程を見学していました。その時に作業員の方が、「接着剤が塗れているか、分かりにくい」とおっしゃったんですね。 その方は2つの接着剤を塗り重ねる作業をしていたのですが、接着剤がどちらも白色だったので、見た目での判断が難しくなっていました。そこで片方の接着剤に着色料を混ぜて、色を変えることをご提案したところ、「これならすぐ分かるね」と本当に喜んでいただけたんです。 その着色料を混ぜる作業も、最初は接着剤をわざわざ一斗缶から出して、着色料を入れて混ぜていたのですが、一斗缶の口に入るミキサーを見つけてきて、一斗缶の中で着色作業を終わらせることができるようにしました。その結果、作業効率が改善し、コストも大きく軽減できるようになりました。自分自身の仕事に、すごく自信を持つことができましたし、こんなに役立つことができるなんて、と嬉しかったです。

  • 今までで一番高かった壁は?どうやって乗り越えた?

    反対に、今までで一番高かった“壁”はありますか?

    入社1年目に、初めて1人で担当した仕事です。海外からごみ袋を輸入して、自治体に納品するという内容だったのですが、落札から輸入までは順調で、大きな仕事ができたなと満足していたんです。ところが、いざ納品された製品を検品したところ、工場側の手違いでラベルシールが貼られていまして…。これが仕様書違反であるため、納品できなくなってしまったんです。コンテナ2本分、トラック5台で運んできたごみ袋を再度倉庫に戻さなくてはならなくなった時には、本当にどうしようかと。目の前が真っ暗になるってこういうことなんだなと思いました。 ですが私の上司は「お前のミスじゃないんだから、大丈夫だ」と言って、常に私と一緒に動き、対処法を考えてくださいました。また他拠点で同様の案件を行っている方からも手助けをいただくなど、本当にたくさんの方に支えていただき、最終的には輸入した製品全てを納品することができました。皆さん、あの時は本当にありがとうございました。私もいつか、皆さんのような上司になりたいです。

  • 商社の魅力・北村化学の魅力を教えて

    学生の皆さんへメッセージ

    なにかひとつ、自分自身の軸をもって就職活動に挑んでほしいと思います。親や先生がこう言ったから、社会でこう決まっているからということで、自分の生き方を流されないようにしてほしいです。 商社の仕事は、会社と会社の間に入って、双方の意見を調節しなくてはいけません。もちろん、どちらの会社さんも、安く買って高く売りたいのが本音です。だからこそ、どこかで自分の判断力や軸が必要だと思うんです。それで結果が出れば、自分自身が正しいということも立証できますし、周りも必ず認めてくれます。結果が出せると思うのなら、ぜひ勇気をもって行動してほしいです。

パーソナル

  • 休日の過ごし方

    休日の過ごし方

  • 最近買ったもの

    最近買ったもの

一覧へ戻る