化学品事業部

東京化学品営業部 東京営業二課

本橋 真奈美

2016年入社

一覧へ戻る
  • 入社を決めた理由を教えてください

    私は大学で化学を専攻していましたので、化学業界を目指すこと自体に迷いはありませんでした。
    もともと人と話すことが好きで、人とコミュニケーションをとる機会の多い営業職のほうが、研究職よりおもしろそうだなと思い、営業志望で、メーカーや商社を中心に就職活動を行いました。
    その中で、当社に決めた理由としては、社員の人柄が大きいですかね。年齢の近い先輩とお話をする機会もいただき、こんな会社で働いてみたいと思いました。
    また、自分の裁量次第でどんなメーカーの商材も扱えることも魅力に感じました。
    その当時、大阪で開発案件を行っており、メーカーのようなポジションの商社に興味を持ち、私も新しくビジネスを創るということをしてみたいと思いました。

  • 現在のお仕事について教えてください

    東京の化学品部門で、溶剤や合成樹脂のペレットを販売しています。接着剤や塗料を製造するメーカーや、フィルムやレザーを製造するメーカーがお客さまです。
    仕事内容としては、既に取引のあるお客さまに継続販売している商品のフォロー業務が中心ですが、それだけではなく、お客さまの製品ラインナップを調べ、当社の扱う原料が使われていない製品に当社の扱う原料を使用していただけないか、可能性を探る営業活動も行っています。
    取引品目の多くないお客さまには、新しい提案を行っています。特に原料以外のアプローチに力を入れています。例えば、過去1~2種類の原料販売しかできていなかったお客さまに対して、技術担当者へ添加剤の代替提案を行う際、合わせて当社のAI・IoTソリューショングループやエンジニアリングチェーンプロジェクトの活動を紹介していました。その内容をお客さまの社内で展開していただくことができ、機械設備担当者から生産設備の省人化等のテーマがあるとのご相談をいただきました。そこから実際に設備会社の方と工場現場の立ち合いを行い、見積をしようとしている段階です。

  • 化学品の事業に限らず活動をされているのですね?

    はい。私はメンバーではありませんが、AI・IoTソリューショングループのソリューションを営業活動の中で紹介できるチャンスがあれば紹介するようにしています。
    例えば、私の担当するお客さま向けに検査装置を紹介したいと考え、AI・IoTソリューショングループのメンバーに相談をしたところ、装置メーカーを紹介していただき、一緒に訪問・提案をしました。結果は価格が合わず、ペンディングとなってしまったのですが、引き続きその装置メーカーと他に取り組める案件が無いか探していたところ、他のお客さまが検討先リストに挙がりました。そこで提案に伺ったところ、いくつか検討されていた案件のうち1つをご相談いただき、進めることになりました。競合先もありましたが、装置メーカーの力添えがあり、受注することができました。
    そしてさらに嬉しいことがありました。この一連の経緯を見ていた上司が私をその年度の若手表彰制度に推薦してくださったのです。実際に上司の後押しもあり、表彰をいただくことができました。これをきっかけにもっと頑張らないといけないなと気が引き締まる思いです。

  • 若手の取り組みを応援する社風があるのですね

    そう思います。実際に私は2021年3月まで、現在の営業部門の仕事と、プロジェクトメンバーとしての仕事を兼務していました。プロジェクト名は「Cプロジェクト(シープロジェクト)」と言います。
    当社のビジネスにはない発想を大事にすることから、20代と30代前半の若手社員4名で、部門をまたいで構成されています。
    当時私たちは、農業分野(生物農薬)に着目して情報収集、市場分析等を進め、事業化を目指していましたが、環境に関する法規制が進まない限り新規参入のチャンスがないとの結論に至り、活動を終了しました。
    この活動の中で、農薬のメーカーが、現状市場に参入ができていない、業界知識の乏しい当社の話を聞いてくださったことは意外でした。そのことをきっかけに自分が考えているよりも新規訪問に一歩を踏み出すハードルは低いんだと感じられるようになりましたね。
    また、チームで仕事をすることが初めてだったので、方針やテーマの設定、物事の進め方やアプローチの仕方をメンバー間で議論しながら進めることが新鮮でした。他にも分担しながら進めるため、スピード感が早く、自分が気づかないことに気づくことができたり、期限を決めながら進めたり、周囲のモチベーションが高いことでその勢いに触発されたり、1人で仕事をしている時には経験できないことを多く経験できました。この経験があったからこそ、現在は新規営業に対する抵抗感がなくなり、もっと積極的に取り組まなきゃという気持ちになれたと思います。
    現在は新たに2回目のプロジェクトが立ち上がっているので、彼らにも有意義な経験をしてもらいたいですね。

  • 当社を志望する方に自信を持っておすすめできる点を教えてください

    当社では社長自身が、若手に直接声掛けをしたり、意見を引き出そうとする雰囲気を作ってくれています。
    そのような社風の中で仕事を出来ている実感がありますね。
    若手の頃からチャレンジする機会や大きな会社を担当させてもらえることもあります。若手のうちからバリバリやっていきたい人や、企画をしたい人にはピッタリの会社ではないでしょうか?

プライベート

  • マイブーム
  • 休日の過ごし方
一覧へ戻る