化学品事業部

東京化学品営業部 東京営業二課 兼 Cプロジェクト

本橋 真奈美

2016年入社

一覧へ戻る
  • 当社に入社を決めた理由を教えて下さい

    私は大学で化学を専攻していましたので、化学業界を目指すこと自体に迷いはありませんでした。
    もともと人と話すことが好きで、人とコミュニケーションをとる営業職のほうが、研究職よりおもしろそうだなと思い、営業志望で、メーカーや商社を中心に就職活動を行いました。
    その中で、当社に決めた理由としては、社員の人柄が大きいですかね。年齢の近い先輩とお話をする機会もいただき、こんな会社で働いてみたいと思いました。
    また、自分の裁量次第でどんなメーカーの商材も扱えることも魅力に感じました。
    その当時、大阪で開発案件を行っており、メーカーのようなポジションの商社に興味を持ち、私も新しくビジネスを創るということをしてみたいと思いました。

  • 現在のお仕事を教えて下さい

    東京の化学品部門で、溶剤や成形樹脂のペレットを販売しています。接着剤や塗料を製造する企業様や、フィルムやレザーを製造する企業様がお客様です。
    また、部門の業務以外に、プロジェクトメンバーとしての業務も行っています。こちらはのちほどお話致しますね。
    化学品部門では既存のお客様に継続販売している商品のフォロー業務が中心ですが、それだけではなく、お客様の製品ラインナップを調べ、当社の原料が使われていない製品に当社の原料を使用して頂けないか、可能性を探る営業活動も行っています。
    取引品目の多くないお客様には、新しい提案を行っています。最近だと環境関連の商材で生分解性原料を紹介しています。
    情報収集は大事にして、展示会には積極的に足を運び、新商材も探しています。竹を粉砕してマスターバッチを製造されている企業様や、設備系の企業様にも展示会で出会いました。

  • 日々AI・IoTの営業活動もされているのだとか?

    現在、当社の社内でAI・IoTに関するプロジェクトが立ち上がっています。私はメンバーではありませんが、営業活動の中で、紹介できるチャンスがあれば紹介するようにしています。
    例えば、日々の情報収集の中で、私が担当している大手のお客様の社内にAIの部門ができたということを知り、早速訪問致しました。
    その際はうまく行きませんでしたが、生産技術部門を訪問した際、困りごとがあることがわかりました。
    そこで、当社のAI・IoTプロジェクトのメンバーに相談し、お客様の困りごとを解決できそうである感触を得ることができました。
    このお客様以外でもAI・IoTプロジェクトの話をすると興味をもっていただくことが多いと感じます。新しい取り組みなので、こちらから話をしないと、当社が取り組んでいることを知って頂けませんので、(AI・IoTに限らず)地道な営業活動が必要であると実感しています。

  • プロジェクトについて教えて下さい

    私は現在の営業部門の仕事と、プロジェクトメンバーとしての仕事を兼務しています。仕事の時間の2割はプロジェクトの仕事です。プロジェクト名は「Cプロジェクト(シープロジェクト)」と言います。
    当社のビジネスにはない発想を大事にすることから、20代と30代前半の若手社員4名で、部門をまたいで構成されています。
    現在、着目しているのは、農業分野です。現在の当社のビジネスではほぼ関わりのない分野なので、はじめに市場の情報収集を行いました。その結果、大きなビジネスになる可能性のある分野であることがわかりました。
    まずは取引先との関係づくりを進めています。具体的には、業界の企業様のリストを作り、そのリストに沿って営業活動を行っています。コネクションの無い分野なので、新規営業としてアポイント取りからです。
    ゼロからビジネスを創造することは初めてで大変ですが、組み立てから実行まで行うのはおもしろいですね。やりがいを感じています。

  • 当社を志望する方に自信を持っておすすめできる点を教えてください

    社長自身が、若手に直接声掛けをしたり、意見を引き出そうとする雰囲気を作ろうとしてくれています。
    そのような社風の中で仕事を出来ている実感がありますね。
    若手の頃からチャレンジする機会や大きな会社を担当させてもらえることもあります。若手のからバリバリやっていきたい人や、企画をしたい人にはピッタリの会社ではないでしょうか? 

プライベート

  • マイブーム
  • 休日の過ごし方
一覧へ戻る