企画本部

経営企画室 経営企画課

岩下 由里香

2012年入社

一覧へ戻る
  • 現在のお仕事の内容を教えて下さい

    私は2019年の4月より経営企画室という部門で働いています。この部門に来る前は、包装資材関係の営業やマーケティングの部門にいました。
    経営企画室は会社によって仕事内容が異なりますが、当社の経営企画室は全体を俯瞰して視て、会社全体の活動を前に推進させることで、全体最適につなげることをミッションとしていますね。
    経営会議などの場で、経営層が経営判断をしやすくなるような資料の作成や提案をしたりしますが、営業部門や管理部門に対しても同様の事を行っています。
    全体を俯瞰した状態から課題を特定をする為、営業部門から経営数字をいただき、資料にまとめて分析を行います。
    そのために、PLやキャッシュフローなどの財務資料を読む力は必要です。上司にも相談しながらやっています。勉強の日々ですね。

  • 具体的に教えて下さい

    例えば、「○○部門の売上が上がっているが、利益が減っているのはなぜか」という課題に対しては、仮説を立てながら本質的な要因に迫っていきます。
    営業会議、あるいは会議以外の場でも営業の方にお話を聞く機会を作っています。そういう意味で、仮説はコミュニケーションのきっかけになります。
    その後、営業の方から聞き取りした内容を踏まえ、経営企画室内で議論します。長い目で会社全体にとってどの程度の影響を及ぼすのかを見極めて、その後の展開を考えるのは私達の大切な仕事だと思います。
    なかには、「課題」として特定して取り組むべきテーマと、そうでないテーマもあります。それらのスクリーニングは上司と二人で行っています。
    その他にも、販促ツールやRPAなど、営業部門や管理部門の仕事がしやすくなるようなツールを展示会などで探したり、導入を検討することもしていますね。

  • 苦労していることもあるのでは?

    全体を俯瞰する仕事をしている中で、本質的な課題に目を向けることを高度に求められる部門です。
    思いつきのアイデアでは2次的な課題や3次的な課題が出てきます。
    経営企画室は、影響を及ぼす範囲がとても広いため、過去の自分の考え方のプロセスでは通用しないことがあります。
    経営に関する企画をするには、根本的な課題はなにか?ということが必要で、最近やっとその考え方のプロセスに慣れてきました。
    たとえば、「事務処理の軽減」や「属人業務の解消」などの課題があると仮定します。
    目に見える課題にやみくもに飛びつくのではなく、根本的な課題はなにかということに目を向けることが必要だと思っています。

  • 成長した実感があったエピソードを教えて下さい

    配属直後は会議の内容や論点がわからず、理解に苦しむ時が多々ありました。
    しかしながら自身の勉強や上司に教えてもらったことをとにかくスポンジのように吸収しました。
    配属されて4ヶ月くらい経過した頃にある会議の場で、それまで半分くらいしか理解できていなかった内容がとても整理され、スッキリ理解できるようになってきました。
    そこから、思いつきや小手先のアイデアを上司に語ることも慎むようになりましたね(笑)

  • 当社に入社を希望される方におすすめできる点を教えてください

    当社は「自分の考えをもってやりたい」という気持ちに答えてくれる会社だと思います。
    自分の考え、アイデアを発信できる機会があり、さらにそれが実現することもできます。
    社内は和気あいあいとした雰囲気で、とても風通しの良い環境ですよ。男女の性別だけでなく、年齢・部署・役職といったあらゆる垣根を越えて、お互いに支えあうことができる文化もあると感じます。
    「相手を役職名で呼ばない」という慣習も、そうした関係性から生まれたものだと思いますね。

プライベート

  • 休日の過ごし方
  • 最近買ったもの
一覧へ戻る