自動車事業部

自動車営業部 名古屋営業課

東 遼平

2016年入社

一覧へ戻る
  • 入社を決めた理由

    私は就職活動をしていた当時は幅広い産業に携わることのできる化学業界、特にメーカーを志望しておりました。ですが、ふとしたことから違った角度で化学業界を見てみたいと思い、化学品専門商社である当社の説明会に参加しました。
    説明会では、幅広い業界に携わることのできるのはもちろん、商社でありながらメーカーのようなポジションで開発している案件があることを知りました。
    さらにその案件には若手が関わっていることも知り、とても興味を持って選考に参加いたしました。
    選考の結果、無事に内定をいただきました。内定後、先輩の営業社員と話す機会を何度か設けていただき、若手でも手を挙げれば実際にチャレンジができ、チャレンジを後押ししてくれる社風があることを感じました。
    最終的には話してくれた社員の人柄に惹かれ、入社を決めました。

  • 現在のお仕事について教えてください

    東海地区の自動車部品メーカーのお客さま向けに、主に自動車部品の原料や副資材の販売を担当しております。
    また直近は海外輸出関連業務の日本側の営業の窓口として、お客さまのフォローを行っております。
    担当しているお客さまが海外に拠点を持たれていることも多く、当社の海外駐在員やナショナルスタッフとは、お客さまのフォローに関するやり取りを頻繁に行っております。
    材料の採用は海外ですが、材料評価は日本側で行う事も多いです。日本側での要望等をヒアリングしながら、当社の海外拠点へフィードバックし、ご採用いただけるようフォローを行っております。

  • これまで、最も頑張ったことについて教えてください

    あるお客さまへ今まで納入できていなかった新規商材をご採用いただいたことです。市場情報の提示、国内、輸入品含めて提案、交渉した結果、最終的にはご採用いただくことができました。
    価格面の調整は苦労しましたが、私の提案がお客さまのコストダウンにつながったことや、感謝の言葉をいただいたことに、営業としてのやりがいを感じました。

  • どのようなことに苦労しましたか?

    納入している材料の種類が多く、幅広い用途で使用されているケースが多いです。そのため、何にどのように使われているのかを把握し、お客さまごとのフォローができるようになる必要があります。
    特に技術の方とは専門的な内容のお話になることが多く、会話についていけるよう日々の努力が大事です。
    具体的には、市場や材料の知識をつけること、お客さまに関する新聞記事のチェック、面談の備忘やその時感じた内容のメモを残すなどですね。
    一度記録に残し、再度見返すことで、同じような話が出たときの対応方法を準備したり、ある程度期間をおいて考えたりすることもできるため、また新たな提案につながると考えております。

  • 学生のみなさんにおすすめできる点を教えてください

    当社は本人がやりたいと思えば、若手のうちからチャレンジする機会や活躍できるチャンスがある社風だと思っております。
    従業員数も多くなく、他部署との垣根も低いため、自分の顔を比較的覚えてもらいやすい会社です。
    だからこそ、若手のうちから色んな部署を巻き込んで自分のやりたいことを実現する機会も作れると考えております。
    実際に当社では20代の社員を中心に進めている「Cプロジェクト」など新たな取り組みを行っております。興味を持たれた方は、ぜひ応募いただければ幸いです。

一覧へ戻る