サンダインフロア

サンダインフロアは、特殊ゴムをベースとした、
耐水性・耐熱性・耐薬品性に優れた性能を発揮する浴室床材です。
表面にシボ加工が施されており、滑りにくくなっています。

商品概要

単色

#101グレー

#201アイボリー

#301ライトグリーン

#401ピンク

寸法 設計価格
通常サイズ 1000x1200mm(3.5mm厚) 24,000円/枚
大判サイズ 1200x1600mm(3.5mm厚) 35,000円/枚

推奨接着剤(コニシ(株)エポキシ2液タイプ)

E-250 6kgセット缶 主剤:1 硬化剤:1
2kgセット缶
EK-370 20kgセット缶 主剤:1 硬化剤:1

物性データ

試験項目 測定値
硬度 97
引張強度 1240N/㎠
伸び率 70%
比重 1.1
滑り抵抗値 0.93

※上記データは社内検査による測定値で、保証値ではありません。

施工事例

施工手順

1.下地処理

施工する床面の汚れ、埃、油脂等は清掃し除去して下さい。
乾燥させた状態で施工を行って下さい。

2.床材切断

施工面の採寸を行います。
床材のカットをカッターナイフで行います。4~5回切れ目を入れて手で折り曲げるように切断して下さい。
面取り仕上げはカンナを使用して下さい。

3.接着剤混合(エポキシ2剤タイプ)

接着剤の主剤と硬化剤を1:1の重量比で計量、混合し色がねずみ色になるまで十分に攪拌します。

4.接着剤塗布

下地に直接接着剤を塗布します。
コテ等で厚さ3mmに塗り広げ、クシ目ゴテでクシ目を立てて下さい。

5.床材貼りつけ

専用接着剤塗布後、カットした床材を張り合わせ圧着しなじませます。
浮きやなじみ不足がないかを確認して下さい。

6.床材接合処理及び排水口まわり処理

床材接合部は、シーリング処理にて行って下さい。
在来浴室のタイル下地等の場合、排水口付近は勾配が急になっている場合はあります。
この場合サークルカッターで多少大きめにカットし端部はシーリング処理を行って下さい。
重りを乗せ養生することを推奨します。

7.必要箇所へコーキング処理、完成

周囲、継ぎ目をすべてコーキング処理し、1日以上養生し完成

施工上・使用上の注意点※必ずお読みください

  • 水漏れを防止する目的での使用はしないで下さい。
  • 曲げ加工・施工は不可となります。ユニットバスのR状排水溝の場合、その手前までの施工となります。
  • 不燃認定品ではありません。内装制限をうける箇所への施工はできません。
  • 接着剤の攪拌はよく行って下さい。
    攪拌不足の場合床材と下地の剥がれの原因となります。
  • 毛染め液は使用しないで下さい。
  • お手入れについて、中性洗剤を使用し柔らかいスポンジや布で清掃を行って下さい。
    クレンザー等研磨剤が含まれている洗剤や、研磨剤が入ったスポンジ、金属製タワシは使用しないでください。
どうぞ、お気軽にお問合せ下さい。

建装資材部 建装資材課

03-3661-2058

大阪営業部 大阪化学品課

06-6202-8172

メールでのお問合せはこちら