TOPICS

用語

エッジコンピューティング

エッジコンピューティングとは、デバイスの近くに設置した複数のサーバーでデータ処理を行うネットワークの仕組みを指します。

デバイスの近くでデータを処理することで、データを集約しているシステムやネットワークへの負荷を分散させ、通信遅延を防ぐことができます。

多くのデバイスを接続し、大容量のデータをやり取りするIoTでは、ネットワークやサーバーに負荷がかかり、

通信遅延を引き起こすことが懸念されていますが、エッジコンピューティングにより低減させることができます。