TOPICS

用語

DX(デジタルトランスフォーメーション)

DXは「デジタルトランスフォーメーション(Degital Transformation)」の略称で、「デジタル技術を行き渡らせることにより多くの人のビジネスや生活を豊かなものにすること」を意味する概念です。2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱しました。

DXは単なるデジタルへの変換に留まらず、デジタル技術を活用して経営や事業のプロセスが根底から変革されることを指します。近年では、コロナ禍をはじめ、経営を取り巻く環境が急激な速度で変化しています。そこを生き残るためにデジタルテクノロジーを駆使し、経営の仕組みやビジネスプロセスを作り替える必要性がより高まってきました。こうした機運の高まりの中で、AIやIoT、ビッグデータなど本格的な実用化が始まった先端技術はDXの波に乗って急速に浸透していくと見られています。