CASE

CASE 04

切削工具の寿命予測AI

折損に伴う工具・設備故障を防ぎ、工具の刃の効率的な使用を可能に

解決を目指した課題

工具の刃が同じ製品かつ新品であっても折損するまでの時間や使用回数が異なる。これを踏まえて折損の予測を行いたい。

解決手段

重機メーカー。データはセンサから取得し、解析にはAIを活用。
工具の形状を3D解析し、工具の寸法値データからどのくらい加工に使用できるか予測するAIモデルを構築した。

ポイント
あらかじめどれぐらいの使用回数、期間で折損する可能性が高いか出すことができるため、折れた際の緊急停止やまだまだ使える刃を取り換えてしまうといった非効率を改善することができた。
ただし、刃の寸法値計測に今まではかかっていなかった一定程度の時間がかかってくるため、費用対効果のシミュレーションをしっかり行うことが重要ポイントであった。

CLIENT DATA

仮称 : G社
事業 : 産業機械