CASE

CASE 03

センシングによる印刷機の予知保全

職人の技術や勘をIoT によって定量化。設備全体の稼働率向上に大きく貢献

解決を目指した課題

印刷機が不良を起こす前に品質不良の予兆が出ている箇所を知りたい。

解決手段

印刷から印刷設備まで手掛ける大手印刷メーカー。データはPLC、センサから取得。
設備の機構を調査・確認し、最適なセンサを選定。取得されたセンサデータを解析し、不良が起きる前に補正・メンテナンスをかけられるようにシステムを構築した。

ポイント
複雑な機構をした設備であるため機構の理解からセンサの選定が難しく、最初のハードルとなった。
また輪転機ということもありさらに取得されたデータも時間の同期が難しく、同期処理を行うためのデータ処理技術も大きな技術ポイントとなった。

CLIENT DATA

仮称 : B社
従業員 : 約3500名
事業 : 印刷業