CASE

CASE 02

エンジンルーム内ケーブル検査の画像認識

目視検査にかかる人手など省人化を実現

解決を目指した課題

エンジンルーム内のケーブルが誤って接続されていないか現在人が見て確認しており、人手が多くかかっている。

解決手段

自動車製造会社。データはセンサ(カメラ)から取得し、AIを使って画像を解析。
自動車エンジンルームということで高精度の判定モデルが重要であった。微妙な差異を捉えて判定する高精度の画像認識が必要であり、その実現が最もポイントとなった。

ポイント
メリット・効果としては自動化によって検査時間の短縮を実現。また省人化によって管理コストを削減することができている。

CLIENT DATA

仮称 : A社
事業 : 自動車製造業