CASE

CASE 01

鉄板の外観検査の自動化

人材不足や目視技術のばらつき、技術伝承困難を解決

解決を目指した課題

反物の鉄板を加工して外観検査を人が行っているが、カメラによりキズ等を検知して検査を自動化したい。

解決手段

大手鉄鋼会社の子会社。分類はAIでデータ取得先(ハードウェア) はPLC、センサ。

複数台のカメラによって人の検査を再現。AI によって検出した欠陥位置はどこかわかるようにマークする仕組みを構築した。

ポイント
メリット・効果としては人手で検査する必要がなくなるり、品質に対するクレームも減少した。

CLIENT DATA

仮称 : N社
従業員 : 約600名
事業 : 鉄鋼業